ばらまき用という種類の販促品というのは無料でたくさんのものを配るようになるので、会社の経費をなるべくかけないような値段のものにすることがポイントになるでしょう。ばらまき用の販促品の値段には100円以下であるということが一番良く、最高に安いグッズではペンで30円くらいで買えるものがあります。ペンであればイベントなどでも歩いている人に配るときにも配りやすく、手にとって持っていってもらえるというメリットもあるのです。また女性にうれしいのがハンドミラーで100円くらいで買えますので、こちらも商品を買ってくれたお客さんなどには販促品としていいグッズなのです。ハンドミラーであれば会社の名前やロゴも入れることができますし、女性はバッグの中に必ずハンドミラーは入れておくことが多いので会社の宣伝としても効果が上がるでしょう。

多くの人に見てもらえる販促品を考える

新商品の認知度を上げたり、消費者の購入意欲を促すための宣伝活動の一環として配布されるものに販促品というものがあります。現在もっともポピュラーな販促品と言えばポケットティッシュや箱ティッシュなどですが、これは日常生活に必要なものなので受け取ってもらえる可能性は高いのですが、広告を見てもらう可能性という点では必ずしも高いとは言えません。内容によって見てもらえたり、捨てられたりとその扱いが別れるものだと思います。逆に言えば思わず目を引く内容であれば見てもらえる可能性は高くなるものと言えます。では内容を考える上でどのようなことに配慮すれば良いのでしょうか。人は流行については、かなり敏感になります。やはり知らないことで「時代遅れな人」と思われることに抵抗があるためでしょう。そこでその傾向を重視して、今年の流行にフィットした内容にすることを心がけて作れば「ついつい見入ってしまった」といううれしい結果が得られることも可能性大だと思います。「うんちく話」を添えれば、会話の材料を提供するというプラス効果も期待できますよ。

新商品を知ってもらうための販促品

新商品を知ってもらうための販促品売する際に、その商品をたくさんの人に知ってもらうためであったり、その商品をたくさんの人に購入してもらうために配布されるものとなっています。新商品を知ってもらう機会というのは、たくさんあると思います。それは、テレビなどのメディアであったり、各所で配布されるチラシなどがあると思います。これらは、多くの方が目にしているものだと思いますので、知ってもらえる大きなチャンスだと思いますが、何気なく見ている人などには興味を持ってもらえないことも多いと思います。そんなときに、販促品を配布することによって、配布されたものをもらえる喜びにより、新商品について良い印象を持ち、興味を持ちやすいのではないかと思います。販促品にするものには様々なものが考えられますので、新商品に興味を持ってもらいやすいものを選ぶ必要があります。

コメント

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。名前とメールアドレスが必須です。

*