スタンド看板を手軽に通販!

スタンド看板の通販するなら

妊娠6ヶ月の赤ちゃんと母親。

without comments

妊娠6ヶ月、23週の時の赤ちゃんは、703gで、性別も正式に分かりました。胎動もシッカリと感じるようになって、動いているのが実感出来るのはとても嬉しいです。エコーの映像でも、すでに人間の形で色々と動いていました。性別が分かった事により、名前を考え始めたり、赤ちゃんの為の洋服等の準備や、これからのことをイメージしたりして過ごしていました。母親は、妊娠5ヶ月頃からつわりも終わり、食欲も出てきて食べ過ぎてしまう事も多々ありましたが、この頃から、赤ちゃんの成長に伴い胃が圧迫されてくるせいか、食事をしてもすぐに満腹感を感じるようになってきました。その他、洋服の着替えや、頭を洗う際にお腹が出てきて、身体が前に曲がりにくくなってきました。肌もカサカサとして痒くなってきたので、保湿クリームを塗ると落ち着いてきました。羊水で水分が取られるらしく、水分補給もシッカリと取るように教えていただきました。

妊娠6ヶ月のボディケア

妊娠6ヶ月ごろにはおなかが膨らんできますので、ボディケアを怠らないようにしましょう。何もせずに放っておくと妊娠線ができてしまいますので注意が必要です。まだそんなにおなかもふくらんでいない時期から保湿をしておなかの皮膚を柔らかく保つことで妊娠線を予防することができます。まずお風呂上りにはオイルやクリームを塗りましょう。体にすこし水分が残っている状態で塗りこむのがおすすめです。伸びが良くなりますので、広い範囲に塗りこむことができます。余裕があれば軽くなでてマッサージしましょう。マッサージ効果で皮膚の柔軟性がまして、おなかが大きくなってきても妊娠線ができにくくなります。つわりがある人は香りのあるものはつらいでしょうから、無香料のベビーオイルなどを使うのがおすすめです。あまっても産後に子供に使うことができます。

妊娠6ヶ月ごろから体重管理をしっかり行おう

妊娠6ヶ月ごろになったら体重管理をしっかりと行いましょう。体重管理を怠ってしまうと、妊娠高血圧や難産になったりする可能性がありますので体重は増やしすぎないようにしましょう。まず、食事はバランスよく食べましょう。おかしなどはなるべくとらないようにしましょう。息抜きにお菓子をたまに食べるのはよいですが、毎日となると体重管理が難しくなります。適量をたまに楽しむようにすることをおすすめします。また、ヘルシーだからといってフルーツの取りすぎはよくありません。フルーツには当分がたっぷり入っていますので、量をとりすぎてしまうと糖質のとりすぎになってしまいます。食べる場合には夕食は避けてなるべく早い時間に食べましょう。また、食事以外にも軽い運動をすることをおすすめします。特に体に異常がないのであれば、ウォーキングやマタニティヨガで運動して体重が増えすぎるのを予防しましょう。

Written by admin

11月 30th, 2015 at 3:04 pm

Posted in

Leave a Reply

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)